「象印食堂」表参道に期間限定オープン!つやつやごはんを試食してきた #象印食堂

Pocket

象印マホービン株式会社は、フラッグシップモデルである圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」(NW-AT10)南部鉄器 極め羽釜で炊き上げたごはんのおいしさを体験できるアンテナショップ「象印食堂」を東京と大阪に期間限定でオープンしました。

表参道はベーカリーカフェ426(東京都渋谷区神宮前4-26-18)で10月27日~11月5日、大阪はグランフロント大阪うめきた広場(大阪府大阪市北区大深町4-1 うめきた広場)で11月17日~11月26日の2か所で各10日間実施するそうです。

価格は税込1000円。メディア向けの試食会が行われたので実際に極め御膳を食べてきました!

■シンプルなおかず、とにかくごはんが美味しい

メニューは秋野菜の炊き合わせ、牛肉の八幡巻き、きのこ汁、糸瓜と胡瓜の胡麻酢和え、黒豆煮、きのこ汁。

牛肉の八幡巻き。ゴボウはささがきで食べやすくなっていました
秋野菜の炊き合わせ。素材の味が生きていてヘルシー
個人的には糸瓜と胡瓜の胡麻酢和えが美味しくて感激しました
この黒豆は象印の「煮込み自慢」で炊いたそう。崩れていなくて美味しい

今回、「おいしいごはんに最も合うおかず」のセット「極め御膳」が提供されます。ごはんは白米(ふつう、しゃっきりの食感から選択可、こしひかり新米使用)と、玄米(ゆめぴりか新米)を使用。

「ふつう」はちょっとやわらかかったかな。「しゃっきり」でちょうどよい感じでした。しかし粒立ちがよく、つやつやですね。何杯も食べられそうで危険……

白米のふつう、しゃっきり、玄米の3種類をすべて食べてみました。ふつうはやわらかめ。個人的にはしゃっきりのかためごはんが好みでした。玄米も特有の固さがなく、とても食べやすくて驚きました。玄米ごはんは甘く感じます。

シンプルですが、どれもごはんの味が引き立って美味しかったです。「象印のごはんを食べてみたい!」という方はもちろんですが、美味しいごはんや玄米ごはんを食べたい方は、ぜひ行ってみてくださいね。ごはんはおかわり自由ですよ!

象印食堂(公式ページ)

類似記事