タワーファン(縦型扇風機)のメリットは?軽い衣類乾燥除湿機が人気のワケは? アイリスオーヤマ夏家電から

これから夏に向けて売れる3ジャンルの製品(衣類乾燥除湿機、タワーファン、サーキュレーター)を紹介します。今回は大人気のアイリスオーヤマ編です!

■A4サイズの持ち運べる衣類乾燥除湿機が便利そう!

サーキュレーター衣類乾燥除湿機DDC-50は、上にプロペラファンが搭載されています。効率的に乾燥させるには「風」が重要。除湿をしながらサーキュレーターでしっかり衣類に風を当てられ、70分のスピード乾燥ができるとのこと。自動首振り機能を搭載し、左右の首振り角度50、70、90°の3段階で、上下の角度は水平から90°の範囲を手動で調節できます。除湿能力は5.0L/日(木造6畳・鉄コン13畳)。室内でたっぷり洗濯物を乾かしたいなら、コレですね。参考価格は24,800円。

個人的に気に入ったのは、A4サイズのデシカント式衣類乾燥除湿機KIJD-H20-S。参考価格は17,800円。除湿能力は2.2L/日(木造3畳・鉄コン6畳)。衣類乾燥除湿機って、ずっと同じ場所に出しっぱなしにするものではないので軽くてコンパクトなのは魅力的。重量4.4kgなら、持ち運びもラクです。2~3人分の部屋干しに最適とのこと。我が家ではお風呂場の乾燥に使いたいですね。こちらの製品、人気でよく売れているそうですよ。

■タワーファンのメリットって?

タワーファンも新製品が登場しました。タワーファンは風が弱く、扇風機としてはいまいち物足りない印象ですが、風量20%、風速40%アップ。実際に手をあててみましたが、前モデルよりも風が強く当たりました。
タワーファンを使うメリットについて、改めてアイリスオーヤマの広報さんに聞いてみました。設置面積が小さいので場所をとらないこと、そしてスリムなので省スペースでの収納が可能ということ。なるほど、と思ったのですが、もう一点あります。

「下に風を送ることができる」

一般的な扇風機だと左右と上下の角度調整はありますが、下のほうは角度が狭く、風を送るのはむずかしいですよね。タワーファンはルーバーを下向きに倒すと風が下方向に向かって流れるので、足元を冷やせるというのです。確かに!
タワーファンも進化し、風が強くなって遠くまで届くようになったので、特に「足元を冷やしたい」という方にぴったりですね。場所もとらないので一人暮らしの方にもおすすめです。

マイコン式のKTWF-C82Tはの参考価格は9,980円。風量は3段階で、切タイマー(1/2/4時間)、首振り、リズム風なども搭載しています。

■ボール型のサーキュレーターで冷暖房効率アップ

ボール型形状のサーキュレーターは前からありましたが、風速20%、到達距離が50%もアップ。サイズは直径210mm、高さ290mmとコンパクトですが、25m先まで届く風で18畳の部屋もばっちり空気循環できるそうです。風が強いので、衣類乾燥にも使えますね。DCモーターではありません。価格が10,800円と高めなのが気になるところです。

アイリスオーヤマ 公式サイト

類似記事

シェアする