我が家の布団にいる何かを採取しました

Pocket

 先日、Dysonのセミナーに参加させていただき、DC61を提供していただきました。このDC61で我が家の布団を掃除し、そのゴミを袋に入れてエフシージー総合研究所に送るというミッションを遂行いたしました! セミナーの様子はDysonのセミナーでゾゾッ! 我が家にはダニが何匹いる?をご覧ください。
 どこの布団で試すか悩んだのですが、フローリングに直に敷布団を敷いて寝ている娘の布団で試すことにしました。図鑑がいっぱいの横で寝ているので、何かがいそうです。180×90cmと範囲が決まっているので、同梱されていたマスキングテープで囲っておきます。
1403021.JPG
娘の汚い部屋を世界に発信! 娘の布団にマスキングテープを貼りました
1403022.JPG
縦方向に5秒かけてゆっくりと吸い取ります
1403023.JPG
あれれ…。ニトリの安いシーツがギュンギュン吸い込まれてヨレてしまう! おさえながらやるのが大変
1403024.JPG
結果、こんなに採れました。すごいよね、グレーの粉じん…。なんだろう。
1403025.JPG
ビニール袋に入れて、エフシージー総合研究所に郵送します。3月下旬には、この正体が何か判明するのです!
 布団を干して掃除機をかけるのはいつも主婦である私の役目です。そんなわけで定期的に使ったときにどうなのか、吸引力もさることながら使い勝手が気になるところです。
 Dysonの掃除機は吸引力がすごいので、掃除機で吸い込みながら移動させるのには、結構力が必要です。我が家は家族4人ですので、布団を干して毎回4枚の敷布団をやるのは、ちょっと大変かなと思いました。ただ、シーツの上からにもかかわらず、謎な粉がたくさん採れるという結果を見てしまうと、やっぱりもうこれなしでは気持ち悪くて寝られません…。
 中のゴミを採るとき、指定通りクリアビンを外して中央部をいただいた刷毛の棒部分でたたきました。するとドサッドサッと粉が出てきてゾッとしました。今回、このミッションがあるからこそやったのですが、ふだんはあまりしなかったと思います。中にうじゃうじゃ何かがいると思うと気持ち悪いので、なるべくなら毎回やりたいところです。可能であれば、Dysonっぽいおしゃれな掃除用トントン棒(刷毛付き、収納袋も)が付属していると嬉しいです。
 しかし参りましたよ…。使い捨てマスクを切らし、そのままこの採取を行ったのですが、見事に唇がパンパンに腫れてしまいました。アレルギー反応が出ると、私は唇が腫れてしまうのです。いつもは掃除機のゴミを捨ててもこうはならないのですが、久しぶりでした。とにかくDysonは恐ろしく細かいゴミが採れるので、アレルギー体質の方は飛び散らないようにゴミを捨てる工夫も必要かもしれません。
 季節をずらし、あと2回採取する予定となっております。ゴミがギュンギュン採れて気持ち良いDyson DC61、特に小さいお子さんがいてダニなどが気になっている方は、ぜひお試しください。
DYSON DC61motorhead DC61MH

類似記事