対話もできてプロジェクターで投影もできる! モバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」

Pocket

1

シャープはモバイル型ロボット電話「ロボホン」の発売日を5月26日に決定しました。そして、ついに全容も明らかに! そちらの発表会をレポートします。

クラウドサービスでロボットとコミュニケーションができます
クラウドサービスでロボットとコミュニケーションができます
電話としてもちゃんと使えるのです
電話としてもちゃんと使えるのです
ロボット業界では有名な高橋智隆さん。基本設計、デザインを行っています。ロボホンは、ロビの兄弟ですね!
ロボット業界では有名な高橋智隆さん。基本設計、デザインを行っています。ロボホンは、ロビの兄弟ですね!

ロボホンは、ロビを開発したロボットクリエイターの高橋智隆さんが基本設計とデザインを行っています。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットで、音声対話による操作が可能となっています。サーボは13個積んでいて、動き方はロビそのものでした。

6

7

8

電話やメール、カメラなどの携帯電話としての基本性能のほか、写真や動画などを投影できるプロジェクターも搭載されています。腰をかがめて、足元に映し出す姿はとってもキュートです。

ちゃんと写してくれるのね! ちょっと見にくいのですが、とってもかわいいです
ちゃんと写してくれるのね! ちょっと見にくいのですが、とってもかわいいです

■動画を見ると、かわいさがわかる!

動画もいくつか撮影しました。動画を見ると、ロボホンの雰囲気がわかると思います。ぜひご覧ください。
検索機能では、声で伝えるとロボホンが検索してくれます。



「キーワード検索をして」というと、ネットで調べてくれる。流暢にかえしてくれるのでびっくり


料理レシピは声で伝えると調べ、プロジェクターで投影する。レシピもその後、読み上げていた



ロボホンのダンス! 単に役立つ機能ばかりではなく、こういった癒やしモードもある

専用アプリメーションのダウンロードにより、利用できる機能やサービスの追加が可能となっており、どんどん進化していくのだとか!

本体価格は198,000円(税抜)。基本のプランは月額料金980円の「ココロプラン」で、家庭でのWi-Fi接続やモバイル回線接続で、対話やカメラ、プロジェクターなど全ての機能が使えます。

4

外に持ち歩くときは、モバイル通信サービスが別途必要となります。外出先でロボホンを楽しむならデータSIM、電話機能も利用したい場合は音声通話SIMを追加で契約します。ロボホンが故障したときに修理料金を割引するケアプランも用意されているようです。SIMフリーではありません。SIMフリーとのことでした。お詫びして訂正致します。

仕様など、詳細については、シャープのロボホンニュースリリースをご覧ください。

類似記事