今年の夏はダブル高気圧の影響で昨年を上回る猛暑に! エアコンセルフ点検・試運転のポイント【ダイキン工業】

今年の夏は昨年を上回る猛暑だそうです。昨年も暑さで参ったのに……!
ダイキン工業は、全国300人のエアコンユーザーに「エアコンが壊れて点検や修理を依頼した経験」に関する調査を行い、その結果を発表しました。なんと、4人に1人がエアコン故障経験があるという結果に!

早めの点検・試運転をしないと、真夏の地獄のような暑さの中で、ひたすら修理を待つということになりかねません。エアコンの問い合わせは7月に集中するそうなので、ぜひ今のうちのチェックをしてみてください!

家電スペシャリストの滝田勝紀さんは、点検方法について次のチェック項目を挙げています。

ポイント1 冷風が出ないと思ったら暖房設定だった…など意外と多い簡単な見落とし。運転モード・温度設定をチェック!
ポイント2 冷え方がイマイチな時は、エアコン周りをキレイに。フィルター汚れ、室外機の前に障害物がないかをチェック!
ポイント3 機種に搭載された機能により運転開始が遅いことも。エアコンの状態は機種の取扱説明書をチェック!

具体的な内容については、こちらの記事をご覧くださいね。

 

今年の夏はダブル高気圧の影響で昨年を上回る猛暑に! 暑くなってからエアコンがつかない! とならないための、早めのセルフ点検のススメ

類似記事

シェアする