アイロンいらず?「風アイロン」搭載 日立ビッグドラム発表会

Pocket

20080922_1.jpg日立のドラム式洗濯乾燥機発表会があったので行ってきました。詳しいことは家電Watchさんの記事を参考にしてくださいませ。

私が興味を持っていたのは「風アイロン」。時速360kmの高速風でアイロンがけの手間を軽減してくれる、というのです。
ふつうに吊り干ししてシワの付いた衣類も、洗濯機に突っ込んでおけばシワをとってくれるんですってよ。
アイロンを自動でかけてくれる夢のような洗濯乾燥機ですよ!

…というわけで、なんかうさんくさい機能だな?(←失礼)と前々から思っていたわけですが、今回の発表会で実物を見てビックリしました。おお、シワがとれているではないか!

20080922_2.jpg
20080922_3.jpg我が家の洗濯機はふつうの縦型です。次に買うのも縦型と決めていました。海外の旅先でドラム式の洗濯乾燥機を使い、シワッシワになった服を見て「ドラム式の乾燥機能はいらない」と思ったのです。

でも、正直欲しいです…これなら。

折り目をつけたり、いかにもアイロンかけました的なビシッとした感じはムリなわけですが、カジュアルなシャツやふだん使いの洋服だったら充分です。

子供服にもいいなあ。子供の服ってヨレヨレしているとみすぼらしいのですが、アイロンをかけるまではしたくないというか、面倒じゃないですか。これだけシワが伸びるなら薄手の木綿シャツやワンピースなんかもおしげなく着せることができそうです。

素晴らしい機能が付いていても、電気代が高かったら考えてしまいますよね。でも日立のビッグドラムは廃熱を利用しているので従来機の77%も節電しているらしいです。消費電力量が1135Whって驚異的!

一つ、気になるのは洗浄力です。ドラム式より縦型のほうが汚れが落ちると言われていますが、どうなんでしょうね。洗浄力についてはスルーでした。子供が毎日泥だらけで帰ってくるので、とても気になります。
1年ほど使ってみて壊れないかどうか、細かい使い勝手はどうなのか、汚れはちゃんと落ちるのか、試してみたいです。買いたいけれど…我が家にとってはちょっと高いかな(想定価格は最上位機種で31万円だそう)。

ドラム式洗濯乾燥機は、やはり主婦の憧れでございます。

類似記事