音が静かになってた! これなら友人にもおすすめできる「Dyson Cool」

Pocket

今まで友人やママ友、編集さんから「Dysonの扇風機って、実際のところどうなの?」と聞かれたことが、何度もありました。特にインテリアにこだわりのあるご家庭では、ふつうの扇風機は外見が許せないらしく、Dysonに興味津々というセレブ系奥様もおりました。

20140307_1.jpg

羽根がないのは、本当に素晴らしいと思います。特に我が家のように小さい子供がいる家庭。一般的な扇風機では、指を入れてしまわないかヒヤヒヤものです。小さい子用にメッシュ状のカバーが付いているものもありますが、大抵の扇風機は子供の小さな指がワイヤーの隙間から入ってしまいます。100円ショップで「扇風機ネット」などが売っていますが、これをやってしまうと、どんなに素敵な扇風機でも昭和風な存在になってしまいます。今はオシャレ系扇風機も売っておりますが、子供がいるとなかなか選びづらいものも多く、Dysonのように安全で、いい意味で”扇風機らしくない扇風機”というのはなかなかありませんでした。

なので「おすすめよ!」といいたいところでしたが、一点どうしても気になるところがありました。音の問題です。

友人には「音がちょっと大きいので、買う前に量販店でちゃんと確認したほうがいいよ」と言ってました。それを言うと、大抵の方がガッカリしていたように思います。量販店ではガヤガヤうるさいので、ちょっとの音では気になりませんし、聞こえません。しかし、Dysonの扇風機はそんなうるさい状況でも風量を上げるとゴー!!という音が聞こえていました。この時点で、私は候補から外していました。同じ家電でも掃除機やドライヤーがうるさいのは我慢できるのです、使っている間のほんの数分から数十分ですから。でも、テレビを見ながら、勉強をしながら、仕事をしながらつけっぱなしにする扇風機では、音は大事な問題です。日常で使うのはちょっとツライなーという印象でしたが、それは私だけでなく、友人たちも同じように感じたようです。あとタイマー機能がないのも不満でした。

ところが、3月7日にご招待いただいたDysonの発表会に行ってみてビックリ。あの形は継承しつつ、扇風機の中身が生まれ変わっているではありませんか!

音が静かになってるんです! こういう形状では音が大きくなってしまうのは仕方ないことなのかなー、ずっとこのままなんだろうなーなんて思ってたんですが、Dysonの開発チームはあきらめてなかったんですね。

新製品AM06(テーブルファン)とAM07(タワーファン)は、ヘルツホルム共鳴の現象を応用し、音を最大75%も静かにしたのです。本体の内部も見せていただきましたがヘルツホルム空洞とやらは「え、この穴が?」という感じで、一見フツーの穴にしか見えません。しかし、この空洞は”消したい音(1000ヘルツ)に共鳴する形と大きさ”で、ノイズが中和されるよう計算されているんだそうです。Dysonのエンジニア65人が頑張って開発したとのことですよ。まあ理屈をこねても実際に静かになっていなければ意味がないわけですが、本当に静かになってました。気流の流れも再設計し、最大40%の省エネを実現しているそうで、テーブルファン(丸いほう)の最少消費電力はたったの3Wだそうです。

20140307_2.jpg
米村でんじろう先生の一番弟子、チャーリー西村先生によるヘルツホルム共鳴の実験。おもしろかった! 娘に見せたかったなあ

20140307_3.jpg
黄色い穴で囲んでいるところがヘルツホルム空洞

旧製品AM01と新製品AM06のノイズの違いにつきましては、いしたにまさきさんの動画をご覧ください

あと、デザインがかっこよくて生活感がないところにホレボレしてしまいました。今回のモデルは黒がメインなので、かなりシュッとした雰囲気。扇風機界のイケメンですな。基本的にぺろーんと拭けばいいだけなので、お手入れも簡単なのは嬉しいですね。使い勝手につきましては、後日こちらでレビューしようかと思ってます。

「でも、お高いんでしょう?」という奥さんのためにお値段チェックです。AM06(テーブルファン)は40800円、AM07(タワーファン)は54800円。これだけの価格を見ると高いのですが、実前モデルの差はAM06が1800円、AM07は800円程度なんです。リモコンが付き、タイマーも使えるようになって、これだけ音が抑えられてこの価格差なら個人的には満足です。これなら友人にも胸を張って「おすすめだよ」と言えます。いや、正直いうと私のような庶民にはちょっと高いんですが、Dysonはブランド品です。いいものには価値があり、買う人がいて、持っていることがステイタスになるんですね。こういった先頭を走るメーカーが頑張ってくれると、まわりのメーカーも引っ張られるので、これからどんどんおもしろい製品が出てくることを期待しています!

2014年4月1日から6月15日まで、「試そうDyson」キャンペーン実施するんだとか。購入して満足できなかった場合は、全額返金してくれるそうですよ。気になる方は、ぜひ一度この機会に試してみてはいかがでしょうか。発売は4月30日ですって!

類似記事