ダイソン初のヘアドライヤー「Dyson Supersonic」の発表会レポ&使ってみた #dysonhair

Pocket

1

ダイソン、ついに美容家電カテゴリに参入しました! 美容家電第一号となる記念すべき家電は、ヘアードライヤー「Dyson Supersonic(ダイソン スーパーソニック) ヘアードライヤー」です。4月28日に旗艦店「Dyson 表参道」で発売し、5月11日からは全国の家電量販店など200店舗で先行販売するそうです。価格は45,000円(税別)。

2

ダイソンさんが一見トンカチ風に見える、スーパーソニックを持って登壇。真ん中は空洞で、“羽根のない扇風機”としてお馴染みのエアマルチプライアーと同じ機構だそうです。また、特許取得のデジタルモーターV9(以下DDM V9)で駆動し、他のヘアドライヤーモーターよりも8倍速く回転するのだとか。そのモーターはヘッド部に搭載されているわけではなく、ハンドル部分に入っているため、重心がとれており、軽く感じるとのことです。

インターナショナル ヘアーメイクアップ アーティスト 加茂克也氏によるデモ
インターナショナル ヘアーメイクアップ アーティスト 加茂克也氏によるデモ

毛髪をさまざまな角度から研究するために、毛髪の科学研究専用に最新鋭の実験施設を整備したとのことでした。

4

5

6

風量は3段階で、温度は78℃/62℃/45℃/冷風の4段階。そのほか、髪を整えた後の仕上げにコールドショット(冷風)ボタンが別にあります。磁石で装着できるノズルが付属していました。手ぐしで乾かすためのスムージングノズルと、ブラシを使ったブローに適したスタイリングコンセントレーター、カールやパーマのかかった髪にディフューザーの3種類。

■使ってみた印象は……ハンパなく風量が多い!!

重心が下にあるので持ちやすいですね
重心が下にあるので持ちやすいですね

発表会終了後、メディアに提供されましたので、家でさっそく使ってみました。

本体製品サイズは245×78×97mmで、重さは618g。数値だけ見ると特別小さいわけでも、軽いわけでもありませんが、しっかり手に収まって、持ちやすいです。ヘッドが小さいので、女性でもグラつかずに持てますね。

娘(小6)はドライヤーの熱が苦手ですが、ダイソンは熱くならないところが気に入ったようです。

「風が強すぎて髪の毛が消し飛ぶ!!」と驚いていました。いや、消し飛ばないと思うけど……(笑)

風量はすごくて、地肌にズバッと届きます。私みたいな年齢だと、根元がぺたんとなってしまいますが、ふんわりと仕上がりました。一般的なドライヤーに比べて温度が低めなのは、髪の毛を傷めないため。そのぶん、風量が多いので短時間で乾きます。ツヤ感もありました。ブラシを使ってスタイリングするには、ちょっと風が強すぎるので、スタイリングコンセントレーターを使ったほうがよさそうです。

「髪を早く乾かしたい」「傷めたくない」という方は、満足できるのではないかと思いました。あと、髪の毛を巻き込まないので、お年頃の娘に使わせるのも安心でした。ちゃんとしたレビューは、どこかで!
Dysonスーパーソニック(公式ページはこちら)

類似記事