5月~6月にエアコンの試運転を!16°C~18°Cで10分程度運転

本格シーズンを迎える前にエアコンの試運転していますか?

ダイキン工業がエアコンユーザーに調査をしたところ、7割の人は試運転 の経験がなかったそうです。そのため、7月になり、いざエアコンをつけようとしたら「動かない……!」という事態になって、メーカーへの問い合わせや修理依頼が集中しているとのこと。ピーク時は、暑い中、1週間も待たなければならないこともあるんだとか……。急激な冷却による故障を減らすためにも、外気温が低い時期に試運転することをおすすめしているそうです。

では、試運転はどのようにしたらいいのでしょうか。ダイキン工業は、以下の方法を推奨しています。

 

■エアコン試運転方法

①運転モードを「冷房」にして、温度を最低温度(16~18℃に 設定。10分程度
 運転する。

②冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅 していないか確認する。

③さらに30分程度(目安)運転し、室内機から水漏れがないか確認する。

④異臭や異音がしないか確認する。

試運転で以下の症状が発生した場合、ご購入の販売店、もしくはメーカーへ相談してくださいね。

・運転ランプが点滅する
・冷房運転してもよく冷えない
・室内機から水漏れしている
・異臭や異常音がする

詳細はダイキン工業の公式ページでご確認ください。
http://www.daikincc.com/campaign/switch-on/

類似記事

シェアする