毛布4枚、レースのカーテン16枚洗える!なのにスリムな日立「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」が気になる

Pocket

1

日立アプライアンス株式会社は、業界最大12kgの洗濯容量とスリムな本体奥行62cmを両立した、ドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル風アイロンビッグドラム」BD-NX120Aを11月19日から発売します。店頭予想価格は35万円(税抜)。

フルモデルチェンジでデザインも変わりました。ついに12kgを実現し、業界最大の洗濯容量とのこと。ドラムの直径が61cmで、約85Lと大きめですが、本体サイズは従来と同じ。奥行は62cmしかないので設置したときの本体の出っ張りが少なく、ラクに出し入れできます。薄手のシングル毛布4枚も洗うことができ、カーテンなどもまとめてじゃぶじゃぶ洗えるとか! 前モデルと比較すると1kgアップなのですが、1kg増えるとYシャツ4枚、薄い毛布なら2枚多く洗えるそうです。たった1kgアップ、といってもバカにできないんですね。これがあれば、近所のコインランドリーに行かなくてすみます……! 我が家みたいに4人家族の家では、こうやって一度にまとめ洗いできる洗濯機は使いやすそうだなと思います。

2

大容量でもスリムなのがいいですね
大容量でもスリムなのがいいですね
中の洗濯槽が大きい!
中の洗濯槽が大きい!
一度にたくさん洗えていいなあ
一度にたくさん洗えていいなあ

日立独自の時速約300kmの高速風で衣類のシワを伸ばしながら洗う「風アイロン」はさらにパワーアップ。衣類を蒸らしながら乾燥して、従来製品の衣類3.5kg乾燥時と同等の仕上がりを衣類4kg乾燥時で実現したそうです。実物を見たところ、袖まできれいにシワが伸びていました。

アイロンしなくても大丈夫そうですね
アイロンしなくても大丈夫そうですね

汚れ落ちも黄ばみまで落とす「温水ナイアガラ洗浄」を搭載し、押し洗い、たたき洗い、もみ洗いの3つの動きを組み合わせています。シャワーを前後に動かすことで高濃度洗剤液を広範囲にふりかけ、繊維の奥までしっかり浸透できるそうですよ。ドラム式は汚れ落ちがいまいちと言われていましたが、最近のドラム式は進化して汚れ落ちも満足できそうです。

振動も抑えるそうです! ワイングラスで実験を行っていました。右の新製品は水がそのままですね
振動も抑えるそうです! ワイングラスで実験を行っていました。右の新製品は水がそのままですね

日立 ドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」(ニュースリリース)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2016/10/1012.html

類似記事