アイリスオーヤマ、単身・少人数世帯用でWi-Fi・人感センサー搭載の低価格エアコン発表!

Pocket


アイリスオーヤマ株式会社はルームエアコン4機種を2017年4月28日に発売し、大型白物家電事業に新規参入する。

大手家電メーカー出身の技術者を積極的に採用することで技術を蓄積してきた「大阪R&Dセンター」において、家電開発や品質管理のノウハウを最大限に活用。今回、発売するエアコンは単身・少人数世帯用のエアコンで、適応畳数のめやすが異なる2サイズ。それぞれ「Wi-Fi・ 人感搭載シリーズ」「スタンダードシリーズ」の2シリーズ4機種といなっている。

フラグシップモデルの Wi-Fi・人感センサー搭載シリーズは、専用のスマートフォンアプリにより遠隔地から操作できる。外出時に室内の温度や電源の切り忘れを確認でき、帰宅前に電源を入れ、あらかじめ快適な室温にしておなど、生活習慣に合わせて多様な設定ができる。

また、人感センサーを搭載することにより、人がいない場合に自動で節電設定に切り替えるため余分な消費電力を削減できる。価格はWi-Fi・人感センサー搭載シリーズの冷房(6~9)/暖房(5~6)タイプのIRW-2217Cが79,800 円 、冷房(8~12)/暖房(8~10)タイプのIRW-2817Cが99,800 円、スタンダードシリーズは冷房(6~9)/暖房(5~6)タイプのIRR-2217Cが69,800 円 、冷房(8~12)/暖房(8~10)タイプのIRR-2817Cが89,800 円。

Wi-Fiは別途機器と高時代がかかるエアコンが多い中、あらかじめついていてこの値段というのは安い!(Wi-Fi・人感センサー搭載モデル) 量販店で販売されるようになれば、アイリスオーヤマは値下がり幅が大きいと予想。開発はシャープの社員がかかわっているようなので、品質は問題なさそうだ。中も見てきたが、シャープのエアコンによく似ている。

フィルターも簡単にはずすことができた。ルーバーとフラップははずせないように見えた
人感センサーは向かって右側についている
エアコンはシンプル。丸みがあって片手で持ちやすい
スマホで遠隔操作できる

なお、低価格エアコンなので、上下のフラップは自動で動くが、左右のルーバーは手で方向を変える必要があるとのこと。

ニュースリリース(公式ページ)
https://www.irisohyama.co.jp/news/2017/0413.html

類似記事