当ページのリンクには広告が含まれています

メディア掲載,家電レビュー

Thumbnail of post image 049

0万円を超える高級炊飯ジャーが売れている。各メーカーもフラッグシップモデルに力を入れており、それぞれ独自の方式で、最高においしいごはんを味わえるようになっている。今回は代表的な6社の高級炊飯ジャーを比較。炊きたてのごはんや玄米

メディア掲載,家電レビュー

Thumbnail of post image 136

売れ筋にあたる5〜6万円台の炊飯器。アイリスオーヤマ、パナソニック、日立グローバルライフソリューションズ、タイガー魔法瓶、象印マホービンを比べてみました!

以前は「最上位モデル」に搭載されていた機能がこのクラスに降りてきて ...

オリジナル記事,発表会レポート

Thumbnail of post image 001

象印マホービン株式会社は、かまど炊きの炎の「ゆらぎ」を再現した圧力IH炊飯ジャー『炎舞炊き(えんぶだき)』(NW-KA型)を発表。2018年7月21日から発売するそうです。実勢価格は5合炊きのNW-KA10が12万円、一升炊きNW-K ...

オリジナル記事,発表会レポート

Thumbnail of post image 159

象印マホービン株式会社は、フラッグシップモデルである圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」(NW-AT10)南部鉄器 極め羽釜で炊き上げたごはんのおいしさを体験できるアンテナショップ「象印食堂」を東京と大阪に期間限定でオープンしました。

当ページのリンクには広告が含まれています