日本は科学的な洗剤を避け、短時間で掃除をする!?(ケルヒャー調べ)

Pocket

ker

清掃機器の最大手メーカー、アルフレッド・ケルヒャー社(本社:ドイツ、日本法人:ケルヒャー ジャパン株式 会社)は、世界6カ国で「掃除に関する意識調査」を実施しました。調査は日本、アルゼンチン、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツの6ヶ国。

「自宅を清潔に保つことが重要」と考えている人は6ヶ国とも80%を超える結果でしたが、掃除にかける時間や手段など各国の掃除に 対しての意識の差が表れたそうです。

■週平均で、あなたが自宅の掃除に かける時間を教えてください

q2
日本だけ1時間未満がダントツ! 海外は掃除にずいぶん時間をかけてるんですね。

他国では3時間以上かけて掃除をする方が30%以上いることに対し、日本では3時間以上かけて掃除をする 割合は10%以下と低い結果になっています。これ、たぶん日本の家屋が狭いということもあるんでしょうね……(笑)

■多目的クリーナー、トイレクリーナー、 クレンザーなどの化学的な洗剤の使用率

q3

そして、特徴的なのは科学的な洗剤を使う割合も他国と比べかなり低いこと。日本では 短時間でエコな掃除を心がけているようです。

(ケルヒャー『掃除に関する世界意識調査』より)

ケルヒャージャパン(公式ページ)
https://www.kaercher.com/jp/

類似記事