5000円台で低音バッチリ!JBL Pebblesスピーカーを買ってみた

Pocket

愛用しまくっていたロジクールの安いスピーカー(Z120BW)が壊れてしまいました。何年も毎日使っていたのでお疲れ様といいたいです。仕事をしながらBGMとしてよく活躍してくれました。購入価格は1500円くらいでしたが、音はかなり気に入ってました。

ロジクールのスピーカーは、片方の音がまったく出なくなってしまいました。安いのによく頑張ってくれました!

さて、次は何を買おう・・・・・・と、ヨドバシを巡りましたが悩みまして。

PC用スピーカーなので、Bluetooth機能やバッテリーは必要なし。場所が狭いのでコンパクトなものが大前提。基本的にBGMとして聞いているので、そこまで音楽に集中しているわけではなく、高価なものではなくてもいいかなという感じです。予算は3万円と考えていましたが、バーゲン時期ということもあって靴を3足も買ってしまい、金欠・・・・・・。

そこで、アマゾンや価格コムでも「安さの割には音がいい」という評価を得ているJBLのPebblesを買ってみました。

 

タイヤみたいなユニークなデザインです。価格も魅力ですが、パソコンとUSBでつなぐだけの簡単接続が魅力です。では、実際に使ってみましょう。

■使い方は簡単!スピーカー同士をつなぎ、パソコンのUSBに接続するだけ

Pebblesはタイヤみたいな特徴的なデザインで幅78mm、奥行150mm、高さ132mm。立てて使えるので場所をとりません。音声入力はUSBコネクタ×1、外部入力(3.5mmステレオ ミニジャック)×1。使用ユニットは50mm径フルレンジドライバーが2個、周波数特性 70Hz~20kHzとなっています。電源はUSB2.5Wというわけで、スペックを見ると値段相応かな、という感じですね。重さは1kgあるので、持った感じはずっしり。

箱。小さくてびっくり
色はホワイトとブラックがあります。ブラックを購入
向かって右のスピーカーで音量調節、電源のON・OFFができます
こちらは正面。JBLのロゴが目立つところにあります
こちらは裏側。下の方に穴があいています
裏側はコードを収納できます

最初に、Pebblesの底部に収納されている接続用のジャック(左スピーカー)とUSB(右スピーカー)を取り出し、背面(右スピーカー)にジャックを差し込み2台をつなげます。ケーブルは巻きつけて長さ調節もできます。

使い方はとっても簡単。イラストを見ればわかります
接続用のジャックを差し込みます

あとはPebblesのUSBケーブルをパソコンに接続して終わりです。電力もUSBから供給されるのでACケーブル等は必要ありません。横置きも可能で、接地面にはゴム足が付いています。私の仕事環境はノートパソコンにモニターとキーボードとマウスを接続して使うという特殊なことになっていますが、これなら狭い卓上もすっきり!

 

ちょっと我が家は特殊な環境ですが、サイズ的にもちょうどでした。ケーブル類がゴチャゴチャしなくていい!
使用中は青ランプが右側のスピーカーだけ点灯します

■低音をしっかり出す!ロック好きなら満足できそう

サイトを見ると「本体背面に独自開発のスリップストリーム・ポートを装備。豊かな低音再生と相まって、サイズを超えた迫力のJBLサウンドを再生します」とありました。

確かに、このスペックでよく低音を出しているなあと感心しました。ただ、音の深みとクリアさがいまひとつといった印象です。クリアさなら、前に使っていたロジクールのほうが優秀でした。でも、この価格でこれだけの低音が出せれば十分だと思います。

私はロック、メタル系が好きなのですが、ドラムとベースの音をバリバリ出してくれるので満足です。音を大きくしても無理がなく、割れたような感じがないのは素晴らしいですね。

音を流しているところを動画で撮影してみました。雰囲気はわかると思います。

※音量に注意

同梱ケーブルを使用すれば、スマホなどとも接続が可能で、スマホの音楽を楽しむことができますよ。

総合評価 ★★★★☆
5000円台でこの音質なら満足!接続も簡単で、パソコンまわりがコードだらけにならないのも魅力。

JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB DAC内蔵 ブラック JBLPEBBLESBLKJN【国内正規品】

 

類似記事