単に”調べる”だけじゃない!「問題集」兼「参考書」としても使い込めるシャープの2021年モデル電子辞書『Brain(ブレーン)』

Pocket

昨年、娘が高校に入学した際に、学校から「辞書はできるだけ電子辞書を使ってください」と言われたので張り切って購入しました。電子辞書といえば、メーカーの選択肢はシャープとカシオの2つに絞られています。我が家は中学生のときにシャープの電子辞書を使っていたため「高校ではカシオの電子辞書を使ってみる」という娘のチョイスによりカシオを選択しました。

最近、電子辞書が娘の机の上にないので「そういえば電子辞書って使ってる?」と聞いてみところ、「あんまり使ってな~い。ちょこっと調べるなら、ググるので十分なんだよね」と。なんですって! 高かったのに!笑

でも、気持ちはよ~く分かります。私もちょこっと単語を調べるなら、ネットで調べて終わることも多々。もちろんネットでは嘘も多いですし、浅い情報しかありません。

ちゃんと毎日コツコツ勉強する子は別ですが、大学受験などに向けて本気で勉強するまでは、「単語の意味がわかればいいし」という感じなんですよね。仕方ないか……と思っていたのですが、本日発表されたシャープ『Brain(ブレーン)』(以下Brain)の説明を聞いて、電子辞書ってスゴイ! 使わないともったいない!と改めて思ったのでした。特にBrainは、通学時などの隙間時間の勉強できる教材が入っており、問題集も充実。教科書に合わせた参考書も収録されているので、色々活用できるのです。

電子辞書のスゴさは娘にも伝えなければ!(娘のはカシオだけど)

■Brainの魅力は豊富な英語の勉強方法と「縦型学習」ができること

本日発表されたBrainは、特に「英語」に力を入れているようです。というのも、大学入学共通テストでは、英語の出題傾向が大きく変わったから。

英語の出題傾向が変わったんですね

「高校生モデル」では、大学入学共通テストで注目されている「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能を磨くため、「ステップリスニング」機能が新たに搭載されました。聞いて内容を理解してから、英文を見ながら発声します。さらに、発声の後に英文なし(暗記)で復唱できます。

リスニングは再生速度も変えられるので、イントネーションなどの確認もしやすくなっています。さらに、文部科学省策定の『新学習指導要領』に対応した発音練習アプリ「ATR CALL 5000」も搭載。自分の発音を採点してもらえます。結果は「84点」といった細かい数字で表示されるので驚きました。こういった使い方は、電子辞書だからできることですね。

また、「暗記ツール」も便利そうです。昔、緑や赤のセロファンで文字を隠して勉強しましたが、それができます。カラーシート学習を画面上で30のコンテンツでできるようになったとのこと。対応強化は英語、国語、地理、公民です。

なつかしい勉強スタイル(笑)

こういったアプリを、すべて「縦型学習」スタイルで勉強できます。縦型スタイルというのは、液晶画面を裏側にひっくり返して、スマートフォンのように持てるスタイルです。これなら、電車通学のときなども、片手で持って見ることができますね。隙間時間を活用できそうです。

こんなスタイルで勉強できます。これはBrainの強み

また、中高生に関心の高い英語学習用コンテンツとして、電子辞書で初めての総合英語を新たに2冊収録するなど、最新版コンテンツを豊富に収録し、毎日の学習をしっかりサポートしてくれます。

■検索のしやすさ、見やすさも向上

「5G」や「iPS細胞」といった英・数字や漢字が混在した語句の検索を可能にするなど、毎日の勉強を支える学習専用機ならではの使いやすさも進化しています。

というか、今までが不便でしたよね……

個人的には、「見やすくなった」というのも大きなポイント。シャープの電子辞書は文字がみっちりで見にくいなあ……とずっと思っていたので、ここが改善されて嬉しいです。

というわけで、着実に進化しているBrain。大学受験に合わせて内容を追加、使い勝手を改善しているのもいいですね。

ただ、それぞれのアプリの使い方がわかりにくいのはそのまま。娘もそうですが、なんとなくアプリをいじって「わかったつもり」になっていても、ちゃんとした使い方がわかっていないようです。それぞれの便利な使い方や効果的な学習方法については、動画などで紹介してほしいですね。「こんな使い方ができたんだ!」という発見が色々あって、より無駄なく電子辞書を活用できると思います。

ディスプレイは5.5インチで、閉じた状態の本体サイズは152.4×94.5×18.4mm(幅×奥行き×高さ)。付属タッチペンを含む重量は約260g。

リチウムイオン充電池を内蔵し、連続使用時間は約70時間。連続表示は約140時間。充電式はバッテリー切れになると充電しなければならず、すぐには使えないので注意が必要です。イヤホン端子や、microSD/SDHCカードスロット(最大32GB)も備えています。

ACアダプター、タッチペン(本体装着)、micro USBケーブルなどが付属しています。

【店頭予想価格と本体カラー】
高校生モデル「PW-S1」(280コンテンツ) は48,000円でネイビー系、ホワイト系の2色。「PW-H1」(241コンテンツ) は43,000円でホワイト系、ブラック系、ネイビー系、レッド系、バイオレット系の5色。大学生・ビジネスモデル「PW-B1」(150コンテンツ) で43,000円、ネイビー系、レッド系の2色。中学生モデル「PW-J1」(150コンテンツ)は38,000円で、バイオレット系、ホワイト系の2色。生活・教養モデル「PW-A1」(150コンテンツ)で、38,000円のホワイト系、レッド系の2色。

詳細はシャープの公式ホームページをご覧ください!